白髪を抜くと増えるって本当?白髪を抜いてはいけないワケ

鏡を見ていて、ふと髪の毛の中に白いものを発見してしまった、なんてときに、思わず抜いてしまう人も多いのではないでしょうか。
白髪があると、なんだか途端にふけた気持ちになって、落ち込んでしまったりもしますよね。
でも、白髪を抜くと増えるというウワサもあるし、実際のところどうなのでしょう。
【shiraga.jpg】
まず、白髪を抜くと増えるというのは、ただの迷信です。
白髪を抜くと、同じ毛穴からまた白髪が生えてくる確率が高いため、このようなウワサが広まったと考えられます。
白髪は、髪の毛を黒くするメラニンが不足した状態の髪の毛のことです。
黒く見えるメラニン色素が不足しているため、白くなっているのです。

 

白髪の原因とは?

白髪の原因は、いくつか考えられます。ひとつは、加齢による白髪です。髪の毛を黒くするメラニンを作り出すメラノサイトの活動が、加齢により低下してしまい、白髪になってしまうのです。

 

ストレスも白髪の原因になります。ストレスによって活性酸素が増えると、細胞が酸化して損傷してしまいます。髪の毛を黒くするメラノサイトも同じように破壊されてしまうために、白髪の原因となるのです。

 

紫外線を浴びすぎることも、白髪の原因となります。紫外線により、色素を作る細胞のもとになる色素幹細胞が減ってしまって、白髪が増えてしまうのです。

 

でも、白髪を抜くと、毛根を傷つけたり、毛穴のまわりの肌を傷つけたりしてしまい、毛嚢炎など頭皮のトラブルの原因となってしまいます。また、白髪を抜くことで毛母細胞を傷つけてしまうと、髪の毛が生えてこなくなってしまい、薄毛の原因にもなります。

 

白髪の対策とは?

では、白髪を見つけてしまったらどうすればいいのでしょうか。簡単な対策は、白髪を根元から切ることです。切ることで、毛根を傷つけることもなく白髪が見えなくなります。白髪の量が気になるときは、白髪染めをするのも効果的です。

 

使っているうちに自然に染まるトリートメントタイプの白髪染めや、染めるのに時間のかからない手軽なものなど、いろいろな白髪染めがあります。お好みのカラーを選んで大丈夫ですが、選ぶときには人の肌に近い弱酸性の白髪染めを選ぶようにしましょう。

 

フィンジア